体験型アートカフェ

金沢茶寮

2022.3.25 GRAND OPEN

五感を解き放つ、“塗って、味わい、感じる”
2時間のフルコース

Concept

体験コンセプト

ようこそ、
感性と創造力を刺激する
アート体験へ

金沢茶寮は、その日、
自分の手で色彩をほどこした器で
お茶が楽しめる
新感覚の体感型アート×カフェです。

Art × Cafe Art × Cafe

“塗って、味わい、感じる” 2時間のフルコース
自分の感性・創造力を再発見しましょう

Program

体験の流れ

  1. イメージする

    どんな色彩の器にしようかな可愛い?美しい?シンプルに?あなたらしさは?

  2. いろをつくる

    多様な色から多美を生み出す。塗り重ねたり、混ぜあったり、無限大の可能性が広がります。

  3. 塗り重ねる/削る

    色を塗り、乾かし、塗り重ね、さらに削る。何層にもなる色彩はあなたの想像を超える美しさを生み出ます。

  4. 器を使う

    出来上がった世界で一つだけの器でプレミアム日本茶を体験しましょう。あなたの頭と心に作用し感性を刺激します。

  5. 自分を見つめ直す

    器でお茶を飲みながら、日常の忙しさを忘れて自分の内側に目を向けてみるひと時を過ごしましょう。

Price

価格について

体験ご希望のお客様へ

  • 2時間制/1名様 5,500円(税込)

    ※ 価格には「器、塗料、お茶」のお代金が
    含まれています。

  • 3部制 / 1日12名限定[各回4名]

    ①10:00〜 ②13:00〜 ③16:00〜

    ※各回2時間制

ご予約はこちらから

当日のご予約も空席があればご体験いただけます。
当日予約はお電話にてお願いいたします。
TEL:076-254-6647

Supervisor

監修者紹介

  • 吉岡 正義

    よしおか まさよし

    韓国、台湾、中国、シンガポール、インドネシア、アラブ首長国連邦、イタリア、ドイツなどで活動するグローバル視点の陶芸作家。日本のみならず世界各地の土でまだ見ぬ焼き物へと挑戦している。金沢に伝統工芸とカフェを融合させた金沢茶寮をU.Sincと共同で運営する。

  • 松浦悠子

    まつうら ゆうこ

    金沢美術工芸大学大学院在学中である2018年12月、東京GALLARYB.tokyo、2019年8月には金沢galleria PONTEにて個展を開催。2019年9月にはパリのgalerie satelliteでも個展が開かれるなど、在学中からその才能を発揮。

「金沢茶寮」とともに誕生した、
最先端の塗り技法「金沢塗り」

吉岡氏と松浦氏、それぞれの視点が重なり合い生まれた「金沢塗り」は、陶器に色鮮やかな10種類以上の塗料を重ね塗り、削り、感性を研ぎ澄ましながら器を描く技法。

その裏側には、石川県で古くから受け継がれる伝統工芸「九谷五彩」※で用いられる限られた色彩に囚われず、「漆芸」ならではの重ね塗り・磨き・削るという技法を「九谷焼」に融合させることで、金沢の「塗り文化」に新たな風を送り込む、作家としての挑戦も。

伝統とモダンが交差しながら共存する、金沢らしい魅力が詰まった「塗り」を心ゆくまでお楽しみください。

※ 緑・黄・紫・紺青・赤の色絵の具を自在に活用して、絵付けされたスタイルです。

Cafe

カフェ営業のご案内

Access

アクセス

〒920-0832 石川県金沢市卯辰町チ16-17
営業時間/10:00〜18:00[不定休] 電話番号/076-254-6647

ご予約はこちらから